FC2ブログ

タイトル画像

【 喫煙と呼吸機能 】

閲覧数:
2022.01.14(15:37) 77



【 喫煙と呼吸機能 】


最近、喫煙マナー・カテで、以下の様な図が掲示されています。

〖 25歳の時を100% とした肺機能の低下 〗の図(以降、図1)
25歳の時を100% とした肺機能の低下の図(知恵袋 掲示版)


この図に関しては、かって SOKONOKE さんが、疑義を質問投稿されました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10233083690


さて、この図に関し、まず日本での原本は下記です。

〖 日本での原本(以降、「スライド集」と言う) 〗

『喫煙問題に関するスライド集』➪ 図:喫煙と呼吸機能(pdf の P.29)
(日本肺癌学会:禁煙推進委員会 作成)
https://www.haigan.gr.jp/uploads/files/photos/436.pdf




そしてその底本は、BMJ誌に、1977年に掲載された

The natural history of chronic airflow obstruction.
Br Med J 1977; 1

PDF版のURL
https://www.bmj.com/content/bmj/1/6077/1645.full.pdf


です(以降、底本と言う)

この底本でも、やはり右側が図示されていません(下図)
喫煙と呼吸機能の経年変化(底本)


従って「タバコを吸わない人」の死亡年齢は不明です。


※ 原本の縦軸の FEV₁ とは

努力性呼出の検査において、
呼出を始めてから1秒間に最大に吐き出すことのできる気量を
1秒量(forced expiratory volume;FEV₁)といい、
1秒量が肺活量(vital capacity;VC)の何%になるかを表すのが1秒率です。


この底本図(Fig.1)の下部に述べられた説明は以下の通りです。

fig 1-Risks for various men if they smoke:
differences between these lines illustrate effects
that smoking, and stopping smoking, can have on FEV₁ of man
who is liable to develop chronic obstructive lung disease
if he smokes.

† = Death, the underlying cause of which is
irreversible chronic obstructive lung disease,
whether the immediate cause of death is respiratory failure,
pneumonia, cor pulmonate, or aggravation of other heart disease
by respiratory insufficiency.

Although this shows rate of loss of FEV₁
for one particular susceptible smoker, other susceptible smokers
will have different rates of loss,
thus reaching "disability" at different ages.

(オラッち意訳)
様々な男性が喫煙した場合のリスク:
即ちそれは、この図のFEV₁曲線に示されたように
喫煙者と非喫煙者間におけるタバコの影響度を物語っている。

また 彼が喫煙するならば、COPDに罹患しやすい男性の
FEV₁曲線は、このようになる可能性が高いと言える。

図中の † マークは、死亡を表し
直接の死因が呼吸不全(肺炎)であるか否かにかかわらず、
死亡の根本原因は、元に戻らない(不可逆性の)慢性閉塞性肺疾患や
肺炎、肺性心(cor pulmonate:肺の疾患による心臓の右心室肥大)、
あるいは呼吸障害による心臓病の悪化である。

しかしながら、
この曲線は、1人の特定の感受性の高い喫煙者による
FEV₁の損失の率を示すが、他の感受性の高い喫煙者は、
FEV₁の損失については、異なる損失率を示す。
このようなことから、異なる年齢で「障害」が発生する。
















工事中
以下は工事中なのだワン!

ウータンのブログ

コーギー・ワンワン_Small_001 NoOneKnows
医学・疫学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<【 続:英国人医師に対する大規模コホート調査について 】 | ホームへ | 【 英国人医師に対する大規模コホート調査について 】>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ |