FC2ブログ

タイトル画像

【 惜日の譜 一 : 冷蔵庫 】

閲覧数:
2019.06.19(00:25) 51



【 惜日の譜 一 : 冷蔵庫 】

我が家に最初にきた冷蔵庫は、勿論「電気式」ではなかった。
「氷室」と言われた冷室があり、そこに「氷」を入れて冷やす式のものだった。
表面は木製で、中の庫室は金属製であったが、
今のような綺麗なスレンレスなどではなく、
ブリキのような雰囲気のもので作られていた。

小学校低学年の頃であった故、
それでも「凄い」と思ったことは、今でも鮮明に覚えている。

しかし、オラッちの日課(手伝い)が増えた。
氷が溶けた水を貯める「受け皿」が冷蔵庫の下の部分にあり
毎朝、その水を捨てるのがオラッちの役目となった。

そして毎朝、氷屋さんが配達してくれる「氷二貫目」を
その「氷室」に運ぶ仕事も加わった。
冬など、とても手が冷たかった。


最初に「電気式冷蔵庫」を見たのは、豪邸だった親戚の台所だった。
子供心に「氷室」の無いことを不思議に思い
あの扉、この扉と開けて確かめているうちに、怒られた。
「そんなにアッチコッチ開けると、冷やしてるものがダメになる」
と・・・ (✝_✝)

その親戚の豪邸は三千坪は優にあったと思われる。
夏などは庭の鬱蒼とした木々にとまっている
セミ取りに余念が無かった。
一度、庭で迷子になって半ベソをかいた記憶もある。


やがて我が家にも電気冷蔵庫が、氷式のものと交代で台所に鎮座した。
日課から解放されたことも手伝って、嬉しくて仕方なかった。
その「冷凍室」では、フリーザーという電気式の、いわば
「アイスクリーム製造器」で、今でいうスムージー的な
ソフトクリームが作れた。しかし「いつでも自由に」
という訳にはいかなかった。
母の許可が絶対のものであったから・・・

ウータンのブログ

コーギー・ワンワン_Small_001 NoOneKnows
惜日の譜 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ | 【 惜日の譜:はじめに 】>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する