FC2ブログ

タイトル画像

【 Circulation誌 原文 Ⅲ】

閲覧数:
2022.12.05(15:14) 102




【 Circulation誌 原文 Ⅲ 】

(注:以下の和訳は、オラッち or 研究生の意訳です)

◆ DISCUSSION 考察 ◆

The association between active smoking and cardiovascular disease
has been known for nearly a century,
whereas secondhand smoke exposure has been more extensively studied
as a coronary heart disease risk factor for only 2 decades.

能動喫煙と循環器疾患との関連は1世紀近く前から知られていましたが、
一方,受動喫煙曝露は冠状動脈性心疾患の危険因子としてわずか20年間、
より広範囲に研究されている。


The present study extends this observational evidence base by demonstrating
a temporal association between a public smoking ordinance
and a reduction in AMI hospitalizations.

本研究は,公的な喫煙条例とAMI入院の減少との間の時間的関連性を示すことによって、
この観察的証拠基盤を拡張するものである。


We found a significant decrease in AMI hospitalizations
after implementation of a smoke-free ordinance in Pueblo city
(RR=0.73, 95% CI 0.63 to 0.85).

プエブロ市で禁煙条例を実施した後、AMI入院の有意な減少が認められた
(RR=0.73、95%CI 0.63 ~ 0.85)。

Of note, this 27% (95% CI 37% to 15%) reduction is
similar in magnitude to the decline (40%; 95% CI 64% to 1%)
demonstrated in another western US city, Helena, Mont, which had a similar ordinance.

注目すべきは、この27%(95%CI 37% ~ 15%)の減少は、
同様の条例を制定した米国西部の別の都市、
ヘレナ、モントで実証された減少(40%; 95%CI 64% ~ 1%)と大きさが類似していることである。


The results of the present study mirror those in the Helena study,
with a reduction in AMI seen only among citizens residing within the city,
and strengthen the possibility that a reduction in AMI hospitalizations is
directly related to enforcement of the smoking ordinance.

本研究の結果は、ヘレナ研究の結果を反映しており、
AMIの減少は市内に居住する市民の間でのみ見られ、
AMI入院の減少が喫煙条例の施行に直接関係している可能性が高い。


These data suggest that community adoption of a smoke-free environment
has the potential to rapidly improve the cardiovascular health status of its citizens.


これらのデータは、コミュニティが禁煙環境を採用することで、
市民の心臓血管の健康状態を急速に改善する可能性があることを示唆している。








ウータンのブログ

コーギー・ワンワン_Small_001 NoOneKnows
論文原典 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<【 所得と喫煙:統計の解釈 】 | ホームへ | 【 Circulation誌 原文 Ⅱ】>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する