FC2ブログ

タイトル画像

【 悪魔の証明 とは(紫煙について)】

閲覧数:
2021.06.18(17:51) 72



【 悪魔の証明 とは(紫煙について)】


この「悪魔の証明」は、本来は
「ローマ法における所有権の証明」の話であり

そして今では、それが
━━━━━━━━━━━━━━
消極的事実の証明
(ないことの証明、Evidence of absence)
は困難であることの例え。
━━━━━━━━━━━━━━
として「転用」されています。


そして又、3世紀の法学者
ユーリウス・パウルス(Julius Paulus)は、
『主張する者は証明を要し、否定する者は要しない』
とも述べています。

------------------

ここでは具体的に、
『タバコの煙による健康被害』で考えてみましょう。

今、仮に紫煙に関し、
A病 や
B病 や
C病 や
D病 になる、

という説があるとします。
(四っつなのは、WHO に倣って)

これに関し
『紫煙では、A病~D病 にはならい』
という ❝証明❞ を行おうとするならば、

……………………………………
A病~D病に罹患する、紫煙以外の全ての要因
……………………………………

を明確にしなければ、
『紫煙がA病~D病の原因である事』は
確定しない訳なのです。

つまり、A病~D病に罹患したすべての人について
その原因が「紫煙以外の要因か否か」を明確にし、
疫学的に「紫煙以外が原因の患者」を排除した後に残る
❝患者の数❞ によって、その是非が明らかになる訳なのです。

これが「どれ程大変で困難な調査研究」であるかは
火を見るよりも明らかでしょう・・・

従って「紫煙による害はない」ことは
❝悪魔の証明❞ と言われるのだと認識しています。

では、では。


ウータンのブログ

コーギー・ワンワン_Small_001 NoOneKnows
タバコ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

【 シモンさんのID非公開リストの検証 】

閲覧数:
2021.05.02(12:43) 70


【 シモンさんのID非公開リストの検証 】
 
 
 
 
 
〇 :OK (判定基準に一致) ▲:やや基準に合致
 
 
 
 
⚠:一般質問 ✖:NG (ID公開) ❓:ジャンプ出来ない 
番号
区分
日付
判定
URL
備考
1




4/10
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
ID 公開
7
 
8
4/9
 
9
 
10
ID 公開
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
4/8
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
ID 公開
30
 
31
4/7
 
32
 
33
 
34
ID 公開
35
ID 公開
36
 
37
 
38
ID 公開
39
 
40
 
41
4/6
ID 公開
42
 
43
 
44
 
45
 
46
 
47
ID 公開
48
 
49
 
50
ID 公開
51
 
52
非喫煙者の質問
53
4/5
ID 公開
54
 
55
ID 公開
56
 
57
 
58






4/10
 
59
 
60
 
61
 
62
4/9
ID 公開
63
喫煙側の論調
64
4/8
 
65
 
66
4/7
喫煙側の論調
67
 
68
ID 公開
69
ID 公開
70
ID 公開
71
4/6
 
72
 
73
 
74
 
75
喫煙側の論調
76
4/5
 
77






4/9
非喫煙者の論調
78
 
79
 
80
4/8
 
81
ID 公開
82
 
83
 
84
4/6
 
85
非喫煙者の論調
86
 
87
4/5
 
 

ウータンのブログ

コーギー・ワンワン_Small_001 NoOneKnows
知恵袋 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

【 知恵袋における、ID非公開、ブロック、真似ID について 】

閲覧数:
2021.04.13(16:44) 69



【 知恵袋における、ID非公開、ブロック、真似ID について 】


ここでは、ID非公開、ブロック、真似ID (以降、この三つを纏めて 3制度 という) に関し、
各制度の本来の意味と、正しい使用法について、オラッちの考えを述べます。

〖 序:ネット人格 〗

まず最初に、その 3制度 を論述する為の前提として、
「ネット人格」について説明します。

今 A君が、「ID-AA」 というID名でSNSなどに参加したとします。
この「ID-AA」は、リアルのA君をネット世界に射影した ❝ネット人格❞ なのです。

そこでは、A君の、認識力・知識力・語彙力・表現力・倫理観
などが顕著に現れている訳なのです。

これは、1個の立派な(SNSにおける)人格と言ってよいでしょう。


〖 Ⅰ.ID非公開 〗

ID非公開の本来の役割とは、❝身バレ防止❞ だと考えられます。

もし「ID-AA」で、個別の具体的な状況などを添えて投稿した時、
その状況を(リアルで)知る人は、それがA君であることを容易く推測できるような場合、
「ID非公開」は非常に有効な❝防御手段❞ であると考えられます。

もし「ID-AA」のままで投稿し、身バレが起きたならば
以降、「ID-AA」での投稿内容は、全てA君と紐づけられてしまい、
doxing が起きかねません。

そうでなくとも、世間では、あの東名高速の煽り運転男の同乗者の女性について、
いわゆる「犯人捜し」のノリで、無関係の女性を「当事者に仕立て上げ」、
結果その無関係の女性には、多くの誹謗中傷が行われ、裁判沙汰に発展しました。

このような有様に対し、「身バレ防止」として
「ID非公開」は存立するものと考えられます。


然しながら、多くの嫌煙諸氏は、❝知恵袋にある制度だから❞ という理由で
本来の意味にそぐわない使い方をします。

そこに見て取れるのは、
『己の保身に汲々とし、陰で悪口を言う』という
陰湿な「虐めっ子」の有様なのです。

「身バレ」が無い以上、己の意見を述べたり、
何かの疑問を投げかけることに、なぜに
❝正々堂々❞ と、ID名を公開しないのでしょうか?

偏(ひとえ)に、嫌煙諸氏の ❝卑怯さ❞ が
滲み出た所業だと認識されます。
その意味で「ID非公開」は「ID卑怯開」なのです。



〖 Ⅱ.ブロック(BL登録)〗

次にブロックです。これは本来的には
自分に対し❝罵詈雑言❞ を繰り返す相手に対し
それを阻止する為に用いるのが定法だと心得ます。

然しながら、「喫煙マナー・カテ」において嫌煙諸氏は

① ブロックした参加者の質問に誹謗中傷的な回答をする。
② 自分の発言が「捏造・虚偽」であることを指摘する参加者をブロックする。

といった、勝手流な悪用が目立ちます。

① は、制度的には可能だとしても、人倫の指標に照らせば
ㅤㅤ許されざる行為と言わねばなりませんし

② にあっては「オレ様の発言にケチをつけるな」といった
ㅤㅤまさに身勝手な言動なのです。

この ② においては、ブロック制度の欠陥とも相まって
非常に悪質なデマや捏造を流布する有様に拍車が掛かっています。



〖 Ⅲ.真似ID 〗

「ネット人格」で述べたように、ID名とは
ネット上の個人を表す重要な Handle Name なのです。

誰かのID名を真似、紛らわしいID名を付けることは
一に元のID名のネット人格を冒涜するものであり、
穿った見方をするならば、「元のID名の方」が有名であるが故に
それに ❝肖(あやか)ろう❞ とする卑屈な根性が伺えるのです。

なぜに正々堂々と、1人の確立したネット人格で参加しないのでしょうか?

この混迷は、知恵袋運営の、ある種の「手捏ね饅頭(※)」の結果の悪弊でもあるのですが、
それをいいことに、悪用する輩が後を絶ちません。


(※) 手捏ね饅頭

ある目的を遂行する為に、その手段を「ああでもない、こうでもない」と、
色々試行錯誤し、結局はよい成果を得られない有様を言います。



以上から、この 3制度 を多用・悪用する者は、
『卑怯であり、自己中心的であり、また卑屈である』 と、認識できます。

では、では。


ウータンのブログ

コーギー・ワンワン_Small_001 NoOneKnows
知恵袋 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

【 zさん vs G氏 】

閲覧数:
2021.02.08(19:49) 67



【 zさん vs G氏 】

は~い、z さん、こんにちは~ ・・・です。

貴君とG氏の応報、拝見しました。

忌憚のない意見を述べさせて頂きます。
ご立腹になられるかもしれませんが、どうか御宥恕を願いたいと存じます。


まず、全体的な印象としては
G氏の方が ❝討論としては優勢❞ だと感じました。
政党討論会ならば、G党が優位・・・となると思います。

一応G氏は、 ❝ある程度の議論・討論❞ は 慣れていると思われます。
G氏は ❝自分の手に余る相手❞ は、BLしてますし。


G氏は、回答で、① ~ ③ を反論として挙げてますので
その① ~ ③ の ❝ひとつずつ❞ を掘り下げて
具体的に追求すれば良かったのでは・・・と感じました。

最初の、G氏に対する、zさんの返信が
『全てに答えられないのですが、う~む・・・』の時点で ❝弱い❞ と感じましたし、

次に

『自由は迷惑をかけないことを前提に認められのだから、迷惑かける喫煙に自由は無い』
ってことなんでしょうけど・・・

と、zさんが ❝一般論に振った❞ 段階で、G氏の土俵になってしまいました。


また、この討論では
❖ 法解釈 と
❖ 倫理・マナー論 が
混在しているのも気になりました。

相手の「倫理・マナー論」に対して、反証根拠としての「法解釈」ならば良いのですが
この二つが、同一レベルで論じられているのが気になりました。


------------------

次に、zさんの ❝追求が少し甘い❞ と感じました。
G氏の勝手解釈に対して、放置したような雰囲気でした。

オラッちでしたら、G氏の以下の発言には徹底追及したと思います。

以下、G氏発言(時刻は返信時刻)
❝➪❞、 と ❝✍❞ マークは、オラッちの注釈

❶ 2021/2/4 20:48

「法律等で罰則付きで禁煙と定められている場所がある」ということは、
「それ以外の場所では、喫煙者も非喫煙者もお互いに配慮し分煙を図るべきだ、
それが目指されている」ということを意味しないってことですね。

「罰則なんかなくても…」というのが、このやり取りの大前提なわけですから。

✍:
「それが目指されている」のではない!


❷ 2021/2/5 20:46
「喫煙者のみに」配慮義務が課せられているというのが、
この遣り取りにおける、当該法律のポイントですね。

✍:(改正)健康増進法の主旨、及び法理から言って
非喫煙者側の配慮に言及する筈がない。 ( どのような法律でも同じ )


❸ 2021/2/5 20:49
あくまで「罰則等が無い場所であっても、実質的に周りの迷惑になる喫煙行動をおこなう喫煙者は
非難されるべきか、いや、非難されるべきでないか」
ってことが問題になっているわけで。

✍:
❝非難の是非❞ の話ではない筈


❹ 2021/2/6 7:54(zさん)
喫煙者のみに釘をさしている条文なのですが、
釘を差している内容も配慮までなわけですよ。

➪ ここ重要
『喫煙者たちが行動や認識を改めれば良い、そうすべきだ』
と言ってしまったらそれは『禁煙』もしくは
『受動喫煙をさせてはならない』に
条文を書き変えてからじゃなきゃいけないわけですよ。

➪ それに対するG氏
2021/2/6 9:42
私は「その法律でも、罰則がわざわざ設けられている状況や場所以外に於いて、
配慮する義務が課せられているのは喫煙者に対してだけだ」
ということを、貴方の主張に対する反証として示しているということです。
勿論、法律だけでなく一般的な道理に照らしても、そうあるべきだと思います。

✍:
❷ に同じ・・・
また『一般的な道理に照らしても、そうあるべき』 か否かは、糾弾の対象となる。


❺ 2021/2/6 9:47
そもそも法律に拠らずとも、非難することは自由です。

✍:
……………………………………
広辞苑 第五版
ひ‐なん【非難・批難】
欠点・過失などを責めとがめること。
……………………………………

❝正しい非難❞ である場合は、差別・ヘイトに直結する。
そもそも、喫煙者に「欠点・過失」がある訳ではない。
「非難と我儘は紙一重」



因みにですが、去年の4月1日に全面施行された (改正)健康増進法では、
――――――――――――――
(喫煙をする際の配慮義務等)
第二十七条 何人も、特定施設及び旅客運送事業自動車等・・・
――――――――――――――

と、(第二十五条の三 → )第二十七条になっております。


-----------------------

以上、手厳しい感想となってしまいましたが
どうかご容赦下さい。

では、では。

ウータンのブログ

コーギー・ワンワン_Small_001 NoOneKnows
タバコ トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

【 タバコ1本で 〇〇分、寿命が縮む研究 】

閲覧数:
2021.01.18(15:01) 66



【 タバコ1本で 〇〇分、寿命が縮む研究 】


このテーマの有名な研究発表としては、
2000年に「BMJ誌(British Medical Journal)」に掲載された
下記の論文です(英文です)。
ここでは「1本で11分」となってますね!

……………………………………
BMJ. 2000 Jan 1; 320(7226): 53.
PMCID: PMC1117323
PMID: 10617536

『Time for a smoke? One cigarette reduces your life by 11 minutes』
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1117323/

『 タバコ1本で11分寿命が縮む 』(オラッち訳)
……………………………………

という、なにか「洗脳的な題名の論文」です。



そして、その論文の Abstract では
……………………………………
SUBJECTS--34,439 British male doctors
who replied to a postal questionnaire in 1951,
of whom 10,000 had died during the first 20 years
and another 10,000 have died during the second 20 years.

(オラッちの意訳)
1951年に、郵送アンケートに回答した、34,439名の英国の男性医師の内
1万名は最初の20年(~1971年)の間に亡くなり
他の1万名は次の20年(~1991年)の間に亡くなった。
……………………………………

と述べていますが、
・死因の詳細
・基礎疾患の有無


などが判然としません。


また「結果」として
……………………………………
RESULTS--Excess mortality associated with smoking was
about twice as extreme during the second half of the study
as it had been during the first half.

The death rate ratios during 1971-91
(comparing continuing cigarette smokers with life-long non-smokers)
were approximately threefold at ages 45-64 and
twofold at ages 65-84.
The excess mortality was chiefly from diseases
that can be caused by smoking.

(オラッちの意訳)
結果-
喫煙に関連した過剰な死亡率は、
研究の後半では、前半より極端に多く、2倍であった。

1971年から91年までの死亡率は
(継続的な喫煙者と、生涯の非喫煙者を比較して)
45歳~64歳でおよそ3倍、65歳~84歳でおよそ2倍である。
この過剰な死亡(要因)は、主に喫煙が原因の疾病に拠るものであった。
……………………………………

とあり、要は
『喫煙者の死亡は喫煙が原因』
と、❝決めつけて❞ います。

そこには、喫煙者の個々の健康状態や基礎疾患の有無に
ついては述べられていません。

こういった、偏向的な調査であったが故に、この論文は真の信用に値せず、
喫煙原因の疾病に関する追跡調査としての❝古典的な教科書たる地位❞ を
得られなかった訳なのです。

では、では。

ウータンのブログ

コーギー・ワンワン_Small_001 NoOneKnows
タバコ トラックバック(-) | コメント(7) | [EDIT]
最近の記事
  1. 【 悪魔の証明 とは(紫煙について)】(06/18)
  2. 【 シモンさんのID非公開リストの検証 】(05/02)
  3. 【 知恵袋における、ID非公開、ブロック、真似ID について 】(04/13)
  4. 【 zさん vs G氏 】(02/08)
  5. 【 タバコ1本で 〇〇分、寿命が縮む研究 】(01/18)
次のページ
次のページ