FC2ブログ

タイトル画像

【 Circulation誌 原文 Ⅲ】

閲覧数:
2022.12.05(15:14) 102




【 Circulation誌 原文 Ⅲ 】

(注:以下の和訳は、オラッち or 研究生の意訳です)

◆ DISCUSSION 考察 ◆

The association between active smoking and cardiovascular disease
has been known for nearly a century,
whereas secondhand smoke exposure has been more extensively studied
as a coronary heart disease risk factor for only 2 decades.

能動喫煙と循環器疾患との関連は1世紀近く前から知られていましたが、
一方,受動喫煙曝露は冠状動脈性心疾患の危険因子としてわずか20年間、
より広範囲に研究されている。


The present study extends this observational evidence base by demonstrating
a temporal association between a public smoking ordinance
and a reduction in AMI hospitalizations.

本研究は,公的な喫煙条例とAMI入院の減少との間の時間的関連性を示すことによって、
この観察的証拠基盤を拡張するものである。


We found a significant decrease in AMI hospitalizations
after implementation of a smoke-free ordinance in Pueblo city
(RR=0.73, 95% CI 0.63 to 0.85).

プエブロ市で禁煙条例を実施した後、AMI入院の有意な減少が認められた
(RR=0.73、95%CI 0.63 ~ 0.85)。

Of note, this 27% (95% CI 37% to 15%) reduction is
similar in magnitude to the decline (40%; 95% CI 64% to 1%)
demonstrated in another western US city, Helena, Mont, which had a similar ordinance.

注目すべきは、この27%(95%CI 37% ~ 15%)の減少は、
同様の条例を制定した米国西部の別の都市、
ヘレナ、モントで実証された減少(40%; 95%CI 64% ~ 1%)と大きさが類似していることである。


The results of the present study mirror those in the Helena study,
with a reduction in AMI seen only among citizens residing within the city,
and strengthen the possibility that a reduction in AMI hospitalizations is
directly related to enforcement of the smoking ordinance.

本研究の結果は、ヘレナ研究の結果を反映しており、
AMIの減少は市内に居住する市民の間でのみ見られ、
AMI入院の減少が喫煙条例の施行に直接関係している可能性が高い。


These data suggest that community adoption of a smoke-free environment
has the potential to rapidly improve the cardiovascular health status of its citizens.


これらのデータは、コミュニティが禁煙環境を採用することで、
市民の心臓血管の健康状態を急速に改善する可能性があることを示唆している。








ウータンのブログ

コーギー・ワンワン_Small_001 NoOneKnows
論文原典 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

【 Circulation誌 原文 Ⅱ】

閲覧数:
2022.12.05(15:03) 101



【 Circulation誌 原文 Ⅱ】

(注:以下の和訳は、オラッち or 研究生の意訳です)

◆ RESULTS 結果 ◆

We identified a total of 2794 patients at all 3 locations
who were hospitalized with a principal diagnosis of AMI during the study period,
855 of whom were Pueblo County residents.

我々は、研究期間中にAMIと診断されて入院した全3か所の病院で
合計2794人の患者を特定した、そのうち855人はプエブロ郡の住民であった。

Demographic characteristics of the AMI patients are shown in Table 1.

AMI患者の人口統計学的特徴を表1に示す。

表1:場所別のAMI患者の人口統計学的特徴

表1:場所別のAMI患者の人口統計学的特徴


The distribution of gender by location differed significantly (P=0.003).

場所による性別の分布は有意に異なっていた(P=0.003)。


A higher proportion of AMI patients residing within Pueblo city limits
were females (40.1% compared with 33.3% of those residing outside of
Pueblo city limits and 33.7% of El Paso County residents).

プエブロ市域内に居住するAMI患者の高い割合は女性であった
(プエブロ市外に住む患者の33.3%およびエルパソ郡住民の33.7%と比較して40.1%)。


The mean age of AMI patients in El Paso County was almost 4 years younger
than that of patients within Pueblo city limits (P=0.001).

エルパソ郡のAMI患者の平均年齢は、プエブロ市内の患者の平均年齢よりも約4歳若かった(P = 0.001)。


Table 2 summarizes the total number of AMI hospitalizations preordinance
and postordinance by location and AMI rates per 100 000 person-years.

表2は、10万人年あたりのAMI入院率と場所別および
条例前および条例施行後のAMI入院の総数をまとめたものである。

TABLE 2. Observed and Expected AMI Counts/100 000 Person-Years by Time and Location.
表 2.観測および予想されるAMIカウント/100,000人年(時間と場所別)

表2:時間と場所別の観察により期待されるAMI患者数/100 000人-年

表2:時間と場所別の観察により期待されるAMI患者数/100 000人-年



On the basis of the summary AMI data, a reduction in AMI hospitalizations
was observed 1.5 years after the smoking ordinance was enacted
compared with an equal length of time before the ordinance
among residents within Pueblo city limits
(relative risk [RR]=0.73, 95% confidence interval [CI] 0.63 to 0.85).

要約AMIデータに基づいて、プエブロ市内の住民の間で、
喫煙条例が制定されてから1.5年後のAMI入院の減少が、
同じ期間の条例制定前に比べて観察された
(相対リスク[RR]=0.73、95%信頼区間[CI]0.63〜0.85)。


No significant changes in AMI hospitalizations were observed
among residents outside of Pueblo city limits (RR=0.85, 95% CI 0.63 to 1.16)
or in El Paso County (RR=0.97, 95% CI 0.89 to 1.06) during the same time period.

同じ期間に、プエブロ市外の住民(RR=0.85、95%CI 0.63 ~ 1.16)または
エルパソ郡(RR=0.97、95%CI 0.89 ~ 1.06)の住民の間で
AMI入院に有意な変化は見られなかった。

The decline in AMI hospitalizations per 100 000 person-years within Pueblo was 70.

プエブロにおける10万人年当たりのAMI入院の減少は70であった。


This contrasts with a decline in AMI counts per 100 000 person-years
outside Pueblo city limits of 20 and a decline in El Paso County of
only 3 per 100 000 person-years (Figure 2).

これは、プエブロ市域外の10万人年あたりのAMI数が20人減少し、
エルパソ郡では10万人年あたりわずか3人の減少と対照的である(図2)。





Figure 2. AMI rates per 100 000 person-years for each location
(inside Pueblo city limits, outside Pueblo city limits, and El Paso County)
1.5 years before and after enforcement of the smoking ordinance
within Pueblo city limits.

図2:プエブロ市内での喫煙条例施行前後の1.5年前
(プエブロ市内、プエブロ市外、エルパソ郡内)の10万人年あたりのAMI率。


No smoking ordinances were in effect outside the Pueblo city limits
or in El Paso County.

プエブロ市外やエルパソ郡では喫煙条例は施行されなかった。

To account for the possibility that the 27% reduction in AMI hospitalizations could be offset
by an increase in out-of-hospital AMI deaths, we computed population-adjusted AMI death rates
in 2002 versus 2004 (42/100 000 versus 54/100 000).

AMI入院の27%の減少が院外AMI死亡の増加によって相殺される可能性を説明するために、
我々は2002年対2004年の人口調整AMI死亡率を計算した(42/100,000対54/100,000)。

Because the overlap in AMI death and AMI hospitalization
cannot be determined from administrative data,
the RR of AMI hospitalization within Pueblo city limits was
reestimated assuming a worst-case scenario:
that all fatal AMIs failed to reach the hospital,
and no hospitalized AMI patients died. Even accounting for
this increase in fatal AMIs, the attenuated RR remained statistically significant
(RR=0.77, 95% CI 0.64 to 0.93).

AMI死亡とAMI入院の重複は行政データから判断できないため、
プエブロ市内のAMI入院のRRは、すべての致命的なAMI患者が病院に入院できず、さらに
入院中のAMI患者が死亡しなかったという最悪のシナリオを想定して再推定された。

致死的AMIのこの増加を加味しても、減衰RRは統計的に有意なままであった。
(RR=0.77、95%CI 0.64 - 0.93)。

Figure 3 shows monthly population-adjusted AMI rates per 100 000 persons
for each of the 3 locations
(inside Pueblo city limits, outside Pueblo city limits, and El Paso County)
and the predicted Poisson regression curves.

図3は、3 つの場所 (プエブロ市内、プエブロ市外、エルパソ郡) のそれぞれについて、
100,000人あたりの月間人口調整 AMI 率と予測ポアソン回帰曲線を示している。

図3:毎月のAMI遷移の実際と予測

図3:毎月のAMI遷移の実際と予測


A clear and rapid decline in AMI rates was seen within Pueblo city limits
after enforcement of the ordinance, whereas no significant changes were observed
in the group residing outside the city limits or in the external control location (El Paso County).

条例施行後、プエブロ市内ではAMI率の明確かつ急速な低下が見られたが、
市外または外部管理場所(エルパソ郡)に居住するグループでは大きな変化は見られなかった。


Variability in monthly AMI rates was less in El Paso County,
given its larger population size compared with the other communities.

エルパソ郡の月間AMI率のばらつきは、
他のコミュニティと比較して人口規模が大きいため、より小さかった。

Figure 3. Predicted and actual monthly adjusted AMI rates per 100 000 persons
by location (inside Pueblo city limits, outside Pueblo city limits, and in El Paso County)
illustrate a significant decline in AMI rates within Pueblo city limits after the ordinance,
whereas no significant changes were observed in the group residing outside the city limits
or in the external control location (El Paso County) during the same time period.

図3は、3 つの場所 (プエブロ市内、プエブロ市外、エルパソ郡) の
それぞれについて、100,000 人あたりの月間人口調整 AMI 率と予測ポアソン回帰曲線を示しているが
条例施行後、プエブロ市域内ではAMI率の明確かつ急速な低下が見られたが、同時期の
市外または外部管理場所(エルパソ郡)に居住するグループでは大きな変化は見られなかった。


Symbols show the actual monthly AMI rates, whereas dashed lines show predicted rates
with the Poisson regression model with effects for seasonality,
location, time relative to ordinance enforcement, and the interaction of location and time.

シンボル(小さな〇印)は実際の月間 AMI 率を示し、破線はポアソン回帰モデルによる予測率を示し、
季節性、場所、条例施行に関連する時間、および場所と時間の相互作用の効果を示している。

Tests of linear contrasts between preordinance and postordinance changes:
Pueblo city vs El Paso County, P<0.001;
Pueblo city vs outside Pueblo city limits, P=0.353;
outside Pueblo city limits vs El Paso County, P=0.754.

条例前と条例後の変更の間の線形コントラストの検定:
プエブロ市対エルパソ郡、P<0.001;
プエブロ市 vs プエブロ市外, P=0.353;
プエブロ市外 vs エルパソ郡, P=0.754.


Table 2 lists the postordinance to preordinance RR estimates based on the raw data
and from the final Poisson regression model with adjustment for seasonality.

表2 に、生データと季節性を調整した最終的なポアソン回帰モデルでの
条例施行後からの条例施行前の RR 推定値をす。



The interaction between time and location was significant (P=0.004) even after adjustment for seasonality,
which indicates that mean changes over time differed for the 3 locations.


時間と場所の交互作用は、季節性を調整した後でも有意であり(P=0.004)、
これは3つの場所で時間の経過に伴う平均変化が異なっていたことを示している。


In the principal comparison, the reduction in AMI rate within Pueblo city limits
differed substantially from the change in the external control, El Paso County (P<0.001).

主要な比較では、プエブロ市内のAMI率の低下は、
外部統制であるエルパソ郡(P<0.001)の変化とは大きく異なっていた。


After adjustment for seasonality, the RR within Pueblo city limits was essentially unchanged
from the unadjusted RR (RR=0.74, 95% CI 0.64 to 0.86).

季節性を調整した後、プエブロ市内のRRは未調整RRと本質的な変化はなかった
(RR=0.74、95%CI 0.64 ~ 0.86)。







ウータンのブログ

コーギー・ワンワン_Small_001 NoOneKnows
論文原典 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

【 Circulation誌 原文 Ⅰ】

閲覧数:
2022.12.05(15:00) 100



【 Circulation誌 原文 Ⅰ】

(注:以下の和訳は、全てオラッちの意訳です)

Reduction in the Incidence of Acute
Myocardial Infarction Associated With a
Citywide Smoking Ordinance

市全体の喫煙条例による急性心筋梗塞(AMI)の発生の軽減


Originally published25 Sep 2006
https://www.ahajournals.org/doi/10.1161/CIRCULATIONAHA.106.615245
Circulation. 2006;114:1490–1496

◆ Abstract 要約 ◆

◇ Background 背景 ◇

— Secondhand smoke exposure increases
the risk of acute myocardial infarction (AMI).

- 受動喫煙への曝露が、急性心筋梗塞(AMI)のリスクを増加させる。


One study (Helena, Mont) examined the issue and found a decrease in AMI
associated with a smoke-free ordinance.

ある研究は刊行物を調査し、禁煙条例が、
急性心筋梗塞(AMI)を軽減する事を発見した。


We sought to determine the impact of a smoke-free ordinance on AMI admission rates
in another geographically isolated community (Pueblo, Colo).

他の遠い地域社会における急性心筋梗塞(AMI)の発生率については、
禁煙条例の影響が関与していると考えた(コロラド州 プエブロ)


◇ Methods and Results メソッドと結論 ◇

- We assessed AMI hospitalizations in Pueblo during a 3-year period,
1.5 years before and 1.5 years after implementation of a smoke-free ordinance.

- 禁煙条例が施行される1.5年前と、施行後の1.5年後の
3年の期間、AMIでの入院患者を、我々は評価した。


We compared the AMI hospitalization rates among individuals residing within city limits,
the area where the ordinance applied, versus those outside city limits.

条例の適用されている地域に住む人達と、
その外域の人達との間の、AMIでの入院患者の割合を、我々は比較した。


We also compared AMI rates during this time period with another geographically isolated
but proximal community, El Paso County, Colo, that did not have an ordinance.

我々はまた、他の地理的には分断されてはいるが、近郊の、
エルパソ地域、コロラドの、条例が無かった期間のAMIの罹患率も比較した。


A total of 855 patients were hospitalized with a diagnosis of primary AMI
in Pueblo between January 1, 2002, and December 31, 2004.

プエブロ地区の、全855人の患者は、2002年1月1日から2004年12月31日の間で
初期AMIと診断され入院した。


A reduction in AMI hospitalizations was observed in the period after the ordinance
among Pueblo city limit residents
( relative risk [RR]=0.73, 95% confidence interval [CI] 0.63 to 0.85 ).

プエブロ地区の住人のAMIによる入院の減少は条例施行後に観察された。
( 相対リスク RR = 0.73、 95% CI 0.63 - 0.85 )


No significant changes in AMI rates were observed among residents
outside city limits ( RR=0.85、 95% CI 0.63 to 1.16 ) or
in El Paso County during the same period ( RR=0.97、 95% CI 0.89 to 1.06 ).

外域の都市の住人( RR = 0.85、 95% CI 0.63 - 1.16 )や
同時期のエルパソ地域( RR=0.97、 95% CI 0.89 - 1.06 )で
AMI罹患率の目だった変化がない事が観察された。


The reduction in AMI rate within Pueblo differed significantly from
changes in the external control group
(El Paso County) even after adjustment for seasonal trends ( P < 0.001 ).

プエブロ地区住人のAMI罹患率の減少は、
外部の対象グループの変化とは大きく異なっていた。 ( P < 0.001 ).

◇ Conclusions 結論 ◇

— A public ordinance reducing exposure to secondhand smoke
was associated with a decrease in AMI hospitalizations in Pueblo,
Colo, which supports previous data from a smaller study.

- 曝露を二次喫煙に減少させている公共条例は
プエブロでの AMI入院における減少と関係していた。
そしてその減少は、以前の小さな研究から得られたデータを裏付ける事となった。


Chronic exposure to secondhand smoke (SHS) is associated with
an increase in the risk of acute myocardial infarction (AMI).

受動喫煙(SHS)への慢性的な曝露は、
急性心筋梗塞(AMI)の危険性の増加と関係している。


However, only 1 study has demonstrated
the impact of a smoke-free ordinance on AMI rates.

然しながら、1つの研究だけは、
禁煙条例のAMIへの罹患率に関する影響を示した。


Researchers in Helena, Mont, noted a 40% decline in hospital admissions
for AMI during a 6-month smoking ordinance within Helena city limits.

モンタナ州ヘレナの研究者は、AMIでの病院への入院が 40% 低下したことに関し
ヘレナ都市の境界の辺りで、喫煙条例が施行された6ヵ月の間、注視した。


Enforcement of this smoking ordinance was suspended by a legal challenge
that precluded longer-term analysis of its health impact.

この禁煙条例の施行は、その健康影響に関する長期の分析を排除した
合法的な努力によって中止された。


Given the small size of the Helena community (≈68 140), only 304 incident AMIs,
including both primary and secondary diagnoses, occurred during a 5-year study period.

小さなヘレナの地域社会では、
304のAMIインシデント(一次および二次の両診断を含む)だけが、
5年の観察期間の間に起こったことが指摘された。


Results from a single observational study
based on a small number of events require confirmation.

少数のイベントに基づく単一の観察研究から導かれた結果は、確証を必要とする。


We therefore assessed the impact of a similar smoke-free ordinance on AMI hospitalizations
in a larger community, Pueblo, Colo. Pueblo, like Helena,
is considered geographically isolated, which provides a unique opportunity
to assess temporal changes in AMI associated with enactment of a smoke-free ordinance.

したがって、我々は類似した禁煙条例のAMI入院への影響を
より大きなコミュニティで評価した。
それはヘレナのように、プエブロ(コロラド州)は地理的に孤立しており
禁煙の条例の制定と関連したAMIの時間的変化を評価する
独特の機会を提供すると考察された。


In addition, the larger population in Pueblo allowed us to limit our analysis
to primary AMI diagnoses, which are more likely to reflect acute coronary events
in the community rather than incidental increases in cardiac biomarkers
among severely ill hospitalized patients.

そのうえ、プエブロの大きな人口は、我々の分析を一次AMI診断に限り許可した。
そして、それは重症の入院患者の心臓バイオマーカーでの増加よりも
むしろコミュニティでの急性冠動脈の発症を反映しそうである。


◆ METHODS 方法 ◆

◇ Setting 背景 ◇

Pueblo is a blue-collar community located in southern Colorado
and has a higher percentage of smokers
than the statewide average (22.6% versus 18.6%).

プエブロはコロラド州の南部に位置し、ブルーカラー労働者の地域で、
喫煙率は同州の平均値より高い( 22.6% vs 18.6% )


The median age of Pueblo residents in 2003 was 36.5 years.

プエブロ住民の平均年齢は、2003年で 36.5歳であった。


All persons with recognized AMIs that occur in the city
and surrounding county receive care at 1 of 2 hospitals,
Parkview Medical Center or St. Mary-Corwin Medical Center.

市中、及び周囲の郡で、AMIと診断された全員は、
「Parkview Medical Center」と「St. Mary-Corwin Medical Center」の
二つの病院の内のどちらかで治療を受た。


Pueblo County had an estimated population of ≈147 751
individuals on July 1, 2003.

プエブロ郡の推定人口は、2003年7月1日で、147,751 人。


The majority of its citizens reside within city limits (103 648, or 70.2%).

市民の多くは限られたエリアに住んでいる(103,648 or 70.2%)


Colorado Springs and its surrounding county, El Paso County,
served as an external control.

コロラドスプリングとその周囲の郡やエルパソ郡は
(調査での)外部的なコントロール群として用いられた。
調査で比較したコロラド州の二つの郡の地図

図1:コロラド州の二つの郡の地図


Figure 1.
A map of the 2 Colorado counties
compared for the study.
The smoking ordinance was
in Pueblo City (shaded),
located within the surrounding county.
Hospitalization data were obtained
from Parkview and
St Mary-Corwin Medical Centers (stars)
in Pueblo and compared with Penrose
and Memorial Hospitals (stars)
located in Colorado Springs (shaded),
El Paso County,
which lacked a smoking ordinance
and served as a concurrent
external control.

図1.コロラド州の 2 つの郡の地図を
調査用に比較した。
喫煙条例はプエブロ市(濃い灰色部分)と、
周辺の郡内にあった。
入院データは、プエブロのパークビューと
セントメアリーコーウィン医療センター(★)
から取得され、エルパソ郡
コロラドスプリングス(薄い灰色部分)
にあるペンローズとメモリアル病院(★)を
比較した。


El Paso County and Pueblo County are adjacent,
but the 2 major cities are 45 miles apart (Figure 1);

エルパソ郡とプエブロ郡は隣接しているが
その各々の二大都市は、45マイル(72km)程、離れている(図1

※ 因みに、72kmというと、日本では
東京駅から小田原駅までの距離に相当する。

they constitute 2 proximate but geographically isolated communities.

その二郡は程近いものの、地理的には完全に分離している。


In contrast to Pueblo County, El Paso County has a
large proportion of military and high-technology workers.

エルパソ郡はプエブロ郡とは対照的に軍および先端技術労働者が大多数を占めている。


El Paso County has an estimated population of 550 478, with
the majority residing in Colorado Springs (370 448, or 67.3%) on July 1, 2003.

エルパソ郡の推定人口は、2003年7月1日で、550,478 人であり、
多くの人はコロラドスプリング市に住んでいる。( 370,448 or 67.3% )


The El Paso County smoking rate is estimated to be 17.7%, 4.9% lower than Pueblo.
The median age of El Paso County residents in 2003 was 33.6 years.

エルパソ郡の喫煙率は推定 17.7% で、プエブロ郡より、4.9% 低い。
エルパソ郡の住民の平均年齢は、2003年で 33.6歳である。

Like Pueblo, El Paso County is served by 2 hospitals,
Penrose and Memorial Hospitals.

プエブロ郡と同じように、エルパソ郡には
「Penrose Hospitals.」「Memorial Hospitals」という
二つの病院が(調査において)用いられた。


◇ Smoke-Free Ordinance 禁煙条例 ◇

In 2003, a special election was designated, and Pueblo citizens
voted to implement the Smoke-Free Air Act within city limits.

2003年に特別選挙が計画され、プエブロの住人は
都市の内部での禁煙法を実施することを票決した。

The ordinance prohibited smoking inside the workplace
and all buildings open to the public, including restaurants,
bars, bowling alleys, and other business establishments.

この条例は、職場と公共のビル内での喫煙を禁止した。
公共のビルとは、レストラン、バー、ボウリング場、そしてその他の事業所などである。


Pueblo law enforcement officials strongly supported the ordinance
and imposed significant fines on violators and on facility owners
who allowed smoking on their premises.

プエブロの法律執行当局は、条例を強くサポートした。
違反者と、建物で煙草を吸うのを許した施設のオーナーには厳しい罰金を課した。

Implementation and enforcement of the ordinance began on July 1, 2003,
and has remained in force ever since.

2003年の7月1日に始まった条例の施行と強制は、以降もずっと存続している。


◇ Patients 患者 ◇

The combined Institutional Review Board for Parkview Medical Center
and St. Mary-Corwin Medical Center hospitals approved the study
using administrative data without unique patient identifiers.

Parkview Medical Center と St. Mary-Corwin Medical Center
の統合された施設内倫理委員会は、患者名の非公開を条件として
管理データを使用する研究を承認した。


Administrative data collected for the purpose of reporting to
the Colorado Hospital Association were obtained electronically
and included admission date, primary diagnosis code,
gender, age, zip code, and hospital name.

コロラド病院協会に報告する目的で集められた管理データは、
電子データとして取得され、入院日付、初期診断コード、性、年齢、
郵便番号、そして病院名を含んでいた。

No other patient-level data were available, including patient smoking status.
患者については、喫煙状態を含む、その他の情報は利用できなかった。

Like the Helena study, our principal analysis focused on AMIs in persons
who reached the hospital, recognizing that some individuals die before hospitalization.

ヘレナ研究のように、我々の主要な分析は入院患者の中でAMIに特化した。
そして、一部の個人が入院の前に死ぬことがあったことも認識していた。

All patients with a primary diagnosis of AMI
(International Classification of Diseases, 9th revision, codes 410.xx)
admitted to either institution between January 1, 2002,
and December 31, 2004, were identified.

初期にAMI( 国際疾病分類 9版 で コード 41.xx )と診断されたすべての患者は、
2002年1月1日~2004年12月31日の間で、どこの病院でも認められ、特定された。

To enhance diagnostic certainty, we excluded secondary AMI diagnoses.
診断の確実性を強化するために、我々は二次的なAMI診断を除外した。

We also explored the potential impact of Pueblo’s smoke-free ordinance
on cardiac death rates by obtaining the number of fatal AMIs
among residents within Pueblo city limits around the time the ordinance was passed
( Health Statistics Section of the Colorado Department of Public Health
and Environment, December 2005 ).

プエブロ市内で禁煙条例が可決されたころ、致命的なAMIの数を調査することによって
プエブロ市の禁煙による心臓病での死亡率についての潜在的影響も調査した。
( コロラド公衆衛生と環境省の健康統計部門 2005年12月)

Residence within the city of Pueblo was ascertained with the patient’s zip code.
Because zip codes do not completely agree with city limit boundaries,
we classified residential zip codes as being inside or outside the city limits
on the basis of a majority of residential addresses.

プエブロ市内の住民であることは、患者の郵便番号で確認した。
なぜなら郵便番号は、都市の境界と一致しないからであり、
我々は、住居の郵便番号を大多数の住宅地域のアドレスに基づいて
都市の境界内に、または、それの外にあると、分類した。

The zip codes 81001, 81003, 81004, 81005, and 81008 were classified
as within the city limits, because the maximum percent of addresses outside of the city limits
among these zip codes was only 3%.

これらの郵便番号で、都市の境界外の住所の最大パーセントがわずか3%であったので、
郵便番号 81001、81003、81004、81005と81008は、都市の境界の中と分類した。

Similarly, the zip codes of 81006, 81007, 81019, 81022, 81023, 81025, and 81069 were
classified as outside city limits. Only 1 of these zip codes spans the city limits (81006),
with 90% of residential addresses outside of the city limits.

同様に、81006、81007、81019、81022、81023、81025 と 81069 の郵便番号は、
プエブロ市の外郭部と分類し、その住宅地域の住所の90%で、
これらの郵便番号のたった1つは、都市の境界(81006)に跨る。

In an effort to evaluate only individuals impacted by the ordinance,
we excluded all AMI patients transferred from outside facilities or
residents with zip codes outside Pueblo County.

条例に影響を受ける個人だけを評価するために、我々は、
郵便番号でプエブロ郡の外側にある施設または居住地から
転院されるすべてのAMI患者を除外した。

We then obtained AMI hospitalization data in a neighboring county,
El Paso County, during the identical period as a contemporaneous control group.

そして、我々は近隣の郡でAMI入院データを得た、それはエルパソ郡である。
(同時性の対照群としての同一の期間中)

Data from Colorado Springs and its surrounding county, El Paso County,
were also obtained from the Colorado Hospital Association database.

コロラド・スプリングス市とその周囲の郡(エルパソ郡)からのデータは、
コロラド病院協会 database からも得られた。


◇ Analysis 分析 ◇

We assessed AMI hospitalization rates among individuals residing in 3 locations:
inside Pueblo city limits, outside Pueblo city limits, and in El Paso County.

我々は、プエブロ市内、プエブロ市外、エルパソ郡の
3か所に居住する人々のAMIでの入院率を評価した。


Covariates available for the patients hospitalized with AMI
included gender and age.

AMIで入院した患者についての利用可能な共変量(※1)には、
性別および年齢が含まれていた。

※1共変量(統計学用語:Covariates )
分散分析を行うときに解析に含めるデータのうち、連続量として表され、
結果と“共”に変わる要因と思われる“変量”のことをいう。

Gender was summarized by the number and percent of patients
in each category by residential location.

性別は、居住地別の各カテゴリーの患者数および割合によって要約された。

A \(χ^2\) test was used to compare gender differences across location.

ある\(χ^2検定\)(カイ2乗検定 ※2)は、居住区での性別の違いを比較する為に使用された。

※2カイ2乗検定(統計学用語:Chi-squared test)
カイ二乗検定とは帰無仮説が正しいとしたもとで、
検定統計量が(近似的に)カイ二乗分布に従うような仮説検定手法の総称(Wikipedia)


Age was summarized within residential location with means and SDs,
and an ANOVA model was used to test for equality of the mean ages at the 3 locations.

年齢は平均と標準偏差により居住地内で要約され、
ANOVA(分散分析モデル ※3)を使用して3つの場所での平均年齢の等価性を検定した。

※3分散分析モデル(統計学用語:Analysis of variance)
観測データにおける変動を、要因および交互作用の効果を判定する、統計的仮説検定の一手法
(Wikipedia)


Individual pairs of mean ages were
then compared with the Tukey multiple comparison procedure.

次に、平均年齢の個々のペアを「Tukey多重比較手順(※4)」と比較した。

※4Tukey多重比較手順(統計学用語:Tuke's Multiple Comparison Procedure)
正規性と等分散性を仮定する多重比較法の一つ。


The primary outcome variable in the present study was AMI hospitalizations.

本研究における主要なアウトカムの変数はAMI入院である。


Both contingency table methods and Poisson regression models
were used to compare daily AMI hospitalizations before and
after implementation of the smoke-free ordinance among Pueblo city-limit residents,
county residents outside Pueblo city limits,and residents of El Paso County.

分割表法(※5)とポアソン回帰モデル(※6)の両方を使用して、
プエブロ市内の住民、プエブロ市外の郡の住民、およびエルパソ郡の住民の間で、
禁煙条例の実施前後の毎日のAMI入院を比較した。

※5分割表法(統計学用語:contingency table)
2つ以上の変数の間の関係を記録し分析する手法。

※6ポアソン回帰モデル(統計学用語:Poisson regression models)
その事象が発生する確率が極めて小さい事象に関する分布(ポアソン分布)に関する
カウントデータを分析するための手法。


Secondarily, AMI death rates among residents inside Pueblo city limits
were computed for the year before (2002) and the year after (2004) the ordinance.

第二に、プエブロ市内の住民のAMI死亡率は、
条例施行の前年(2002年)と、その翌年(2004年)に計算した。


Given that only yearly aggregate AMI death data were available,
data from 2003 were excluded because ordinance enforcement did not begin until midyear.

AMIの年間集計死亡データだけが利用できた故に2003年のデータは、
条例の施行が当年の半ばまで開始されなかったため除外した。


Previous research has demonstrated a seasonal trend in AMI hospitalization rates,
with the peak occurring in winter months.

以前の研究では、AMI入院率の季節的な傾向が示されており、
そのピークは冬季に発生している。


In the present study, the data available before the ordinance was
enforced spanned 1 year plus the preceding spring and winter season,
whereas the data available after the ordinance included 1 year plus a summer and fall season.

本研究では、条例施行前のデータは、1年前とその前年の春と冬であったのに対し、
条例施行後のデータには1年と前年の夏季と秋季が含まれていた。


Differences due to seasonal trends in AMIs could confound the estimate
of the preordinance to postordinance effect.

AMIの季節的な傾向による違いは、
条例前と施行後の効果の推定値を混乱させる可能性がある。


We therefore accounted for seasonality in the analysis.

したがって我々は、分析では季節性を考慮した。


Because contingency table analyses are unadjusted for seasonality,
monthly AMI hospitalizations were also analyzed with Poisson regression.

分割表分析は季節性に対して調整されていないため、
毎月のAMI入院もポアソン回帰で分析した。


A series of regression models were fit to the monthly data
to best model the potential covariates of seasonality
(1 and 2 harmonics fit over the 3-year time span).

季節性の潜在的な共変量を最適にモデル化するために、
一連の回帰モデルを月次データに適合させた。
(1と2の調和は3年間の期間にわたって適合する)。
※ この文章の具体的な意味、時に()内は、オラッちには良く分からない(>_<)


All regression models included fixed effects for time (preordinance or postordinance),
residence (inside Pueblo city limits, outside Pueblo city limits, or in El Paso County),
and the interaction of time and residence.

すべての回帰モデルには、時間(条例前または条例後)、
居住地(プエブロ市内、プエブロ市外、またはエルパソ郡内)、
および時間と居住地の交互作用(※7)の固定的な効果が含まれていた。

※7交互作用(統計学用語:Interaction)
「二つ以上のファクターが互いに影響を及ぼしあうこと」
と定義されているが、この定義は実は曖昧であり、研究対象要因の効果が、
他の要因の有無によって影響を受けることを言う。


The models allowed for overdispersion/underdispersion
and included the estimated population size from July 1, 2003, as an offset variable.

これらのモデルでは、過分散/過小分散(※8)が許容され、
オフセット変数(※9)として2003年7月1日からの推定人口サイズが含まれていた。

※8過分散 / 過少分散(統計学用語:Overdispersion / Unerdispersion)
通常の分散よりも、偏って大きく現れる分散を過分散、小さく現れる分散を過小分散という。

※9オフセット変数(オフセット項)(統計学用語:Offset Variable)
オフセット項とは,ポアソン回帰分析の場合などに使用され、
回帰係数が1に固定される説明変数のこと・・・
となっているが、オラッちには、さっぱり分からん (>_<)

The best-fitting model was selected on the basis of a penalized deviance statistic
in which the penalty was twice the number of parameters.

最も適するモデルは、パラメータ数の2倍を外れ値とする
逸脱度の統計量に基づいて選択された。



The best model contained time, location, time-by-location interaction,
and 2 harmonics to account for seasonality.

最良のモデルには、時間、場所、時間ごとの相互作用、
および季節性を説明する2つの調和平均(※10)が含まれていた。

※10調和平均(統計学用語:Harmonic mean)
平均の算出方法の一つ


Contrasts of the preordinance to postordinance means
were made within the Poisson regression model.

条例前と条例後の手段の対比は、ポアソン回帰モデルで行われた。


After a final model was selected, an equivalent model without the main effects for time
and location was fit to obtain more easily interpretable regression parameters.

最終モデルを選択した後、時間と場所の主効果のない同等のモデルを適合させ、
より容易に解釈可能な回帰パラメータを得た。


Plots of monthly AMI counts divided by estimated population sizes
standardized to 100 000 residents were created to illustrate the trend
in AMI admissions over the 3-year study period.

100,000人当たりに標準化された推定人口サイズで、
毎月のAMIカウントを割ったプロットが作成され、
3年間の研究期間にわたるAMI入院の傾向が示された。


All tests were 2-sided and conducted at the 5% level of significance.

すべての検定は両側であり、有意水準(※11)5%で実施された。

※11有意水準(統計学用語:Significance level)
帰無仮説が間違っていると判断する(帰無仮説を棄却する)基準となるべく定めた確率。
(P値 < 0.05)を表わす。


Analyses were performed with SAS version 9.1 (SAS Institute, Cary, NC).

解析はSASバージョン9.1(SAS研究所、ノースカロライナ州ケーリー)で実施した。


The authors had full access to the data and take full responsibility for their integrity.

著者はデータへのフルアクセスを持ち、その完全性について全責任を負っていた。


All authors have read and agree to the manuscript as written.

すべての著者は、書かれた原稿を読み、同意していた。






ウータンのブログ

コーギー・ワンワン_Small_001 NoOneKnows
論文原典 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

【 Test B099 】

閲覧数:
2022.12.05(14:57) 99


This is Test for B099



ウータンのブログ

コーギー・ワンワン_Small_001 NoOneKnows
未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

【 Test B098 】

閲覧数:
2022.12.05(14:55) 98


This is Test for B098



ウータンのブログ

コーギー・ワンワン_Small_001 NoOneKnows
未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
最近の記事
  1. 【 Circulation誌 原文 Ⅲ】(12/05)
  2. 【 Circulation誌 原文 Ⅱ】(12/05)
  3. 【 Circulation誌 原文 Ⅰ】(12/05)
  4. 【 Test B099 】(12/05)
  5. 【 Test B098 】(12/05)
次のページ
次のページ